希望日本研究所とは、「希望あふれる日本」にするためには何をすべきかを常に考え、提言し、実行していく場所です。

希望日本賛同議員国会発言データベース

賛同議員の国会での各会議・委員会における発言がご覧いただけます。

(議員の所属政党は、委員会等での発言時のものとしています。

また、名前の前に※印がついている議員は、以前の賛同議員です。)

羽田雄一郎先生のご訃報に接し、衷心より哀悼の意を表します。

松原仁さんの発言を表示します。


議員名松原仁(民主党)

2014/5/16

委員会名衆議院 経済産業委員会


「欧米の先行事例を見ても、電力の小売自由化が効果を上げるためには、電力の需給に余裕があることが必要であります。しかしながら、現在は、原子力発電所の全てがとまっている中で、需給は逼迫していると認識をしております。需給逼迫の状況において小売自由化を実施しても効果が上がらないことも考えられるわけでありますが、このこ....


→発言の続きを見る


議員名松原仁(民主党)

2014/5/16

委員会名衆議院 経済産業委員会


「次に、電力自由化の果実が国民に行き渡るには、適切な新規参入を促し、国民が電力会社を選べる環境をつくることが不可欠であります。諸外国の電力自由化の事例では適切な新規参入の成果が出ているものと評価しているかどうか、お伺いいたします。」 「何か先に御答弁が若干あったかもしれませんが、日本のように電力卸売市場が未成....


→発言の続きを見る


議員名松原仁(民主党)

2014/5/16

委員会名衆議院 経済産業委員会


「今後の円滑な廃炉や、事故を起こした教訓として、安全対策の着実な実施など、原子力をめぐる第一線の人材や技術の継承が図られることは極めて重要であります。特に、東京電力については現在も人材流出がとまらないと聞いております。この原因が何であるか、お伺いいたします。」 「今お話を聞きまして、この三年間で千六百人という....


→発言の続きを見る


議員名松原仁(民主党)

2014/5/16

委員会名衆議院 経済産業委員会


「次に、米国スリーマイル島の事故や、ロシアはチェルノブイリの事故というのを過去に経験しているわけでありますが、事前にこういったものは予測できたかどうかお伺いいたします。」 「日本の近隣である中国や韓国の原子力発電所の設置状況、新設計画、これからどんどんとつくられるというふうに聞いておりますが、その把握、認識を....


→発言の続きを見る

4件見つかりました。