希望日本研究所とは、「希望あふれる日本」にするためには何をすべきかを常に考え、提言し、実行していく場所です。

希望日本賛同議員国会発言データベース

賛同議員の国会での各会議・委員会における発言がご覧いただけます。

(議員の所属政党は、委員会等での発言時のものとしています。

また、名前の前に※印がついている議員は、以前の賛同議員です。)

羽田雄一郎先生のご訃報に接し、衷心より哀悼の意を表します。

発言の詳細を表示します。


議員名武井俊輔(自由民主党)

2020年2月25日

委員会名衆議院 予算委員会 第三分科会


「横浜にあの船がいて、さまざまな動画が流れるということ自体が我が国としてまことにやはり不本意な話でありまして、それはぜひ早急に、もうお客さんはおりたわけですから、この船の、そしてまた乗員の皆さんの、特にその人道的な取扱いも含めて、やはり日本としても役割を果たして、残念ながら、我が国が果たさないと多分、イギリスとかもそういう状況なわけですから、もうここまでなった以上は、しっかりとこの船についてそういった責任を持った対応というものを、横浜を離岸するまで役割を果たしていかなければいけないと、ぜひお願いをしたいというふうに思います。あと一点、ちょっと厚労省に来ていただいているんですが、観光の関係、私もいろいろと業界のお仕事もさせていただいているんですが、お伺いしたいと思うんですが、非常に観光業界が厳しく今なっております。雇用調整助成金の関係でさまざまな特例を設けていただいているところなんですけれども、実際に、これは今、中国関係の取引が一割減らないとこの特例が受けられないということになっているんですけれども、実際に、ホテルというのは、その地域で中国人が来なくなれば、そこがダンピングをすれば、当然そこにお客さんが流れたりとかして、全体が打撃を受けるわけであって、別に、中国人が直接、そのホテルにお客さんが来るとか来ないというのはかなり副次的な話なんですけれども、言ってみれば、今の段階ですと直撃された人しか条件に当てはまらないということになっています。これは非常になかなか苦しいところで、きょうも今、新型肺炎を理由に破産を申請した旅館なども現実に出ているわけでありまして、本当にこのままだと業界はもたないといったような大変悲鳴が聞こえてくるわけですけれども、こういった雇用調整助成金の対応、そしてまた休業分の助成等も含めて、これはどうしても対応が必要だというふうに考えますが、見解を求めます。」


→議事録全体を見る(国立国会図書館 国会会議録検索システムが別タブで開きます)

戻る