希望日本研究所とは、「希望あふれる日本」にするためには何をすべきかを常に考え、提言し、実行していく場所です。

希望日本賛同議員国会発言データベース

賛同議員の国会での各会議・委員会における発言がご覧いただけます。

(議員の所属政党は、委員会等での発言時のものとしています。

また、名前の前に※印がついている議員は、以前の賛同議員です。)

羽田雄一郎先生のご訃報に接し、衷心より哀悼の意を表します。

発言の詳細を表示します。


議員名福田昭夫(立憲民主党)

2020年4月6日

委員会名衆議院 決算行政監視委員会第二分科会


「それはおかしいですね。それでは、私の方から申し上げますが、二〇二〇年度予算ベースで見ると、還付率は二〇・二二%となります。これは、国、地方を合わせた消費税収が三十四兆五千二百四億円、国、地方の還付金額が六兆九千八百四億円でありますから、この六兆九千八百四億円を三十四兆五千二百四億円で割ると、何と二〇・二二%となります。これが実は消費税をつくった目的じゃないですか。還付する割合が高いですね。これは驚きです。これは、多分、企業にとっては資本蓄積率を高めることにつながる、資本金をですね。本当に悪税ですね。二つ目でありますけれども、二つ目は、消費税法第五十八条の備付け帳簿にはどのような事項を記載するのかでありますけれども、資料の上段をごらんいただきたいと思います。これは財務省からいただきましたけれども、消費税法第三十条の第八項第一号のイ、ロ、ハ、ニに、仕入れに係る消費税額の控除について、備付け帳簿に記載すべき事項が明示されています。イは、課税仕入れの相手方の氏名又は名称、ロが、課税仕入れを行った年月日、ハが、課税仕入れに係る資産又は役務の内容、ニ、第一項に規定する課税仕入れに係る対価の額、こういうことでありますが、こうしたことで間違いございませんか。」


→議事録全体を見る(国立国会図書館 国会会議録検索システムが別タブで開きます)

戻る