希望日本研究所とは、「希望あふれる日本」にするためには何をすべきかを常に考え、提言し、実行していく場所です。

希望日本賛同議員国会発言データベース

賛同議員の国会での各会議・委員会における発言がご覧いただけます。

(議員の所属政党は、委員会等での発言時のものとしています。

また、名前の前に※印がついている議員は、以前の賛同議員です。)

羽田雄一郎先生のご訃報に接し、衷心より哀悼の意を表します。

発言の詳細を表示します。


議員名古川元久(国民民主党)

2020年11月17日

委員会名衆議院 国土交通委員会


「本当に、ただでさえ人口減少とかで公共交通機関の将来経営も厳しいというふうに見られたところに今回のコロナ禍で、相当、これは本当に将来的に考えてもやはり深刻な状況になってきているんだと思うんですね。しかも、やはり密を避けようと思ったら、じゃ、乗客が減ったから本数を減らしましょうとやったら、これは密になっちゃうからということで、要するに、本数を減らす、それでまた本数が減れば減るだけ不便になるから、また利用者も減るという悪循環に陥っていっちゃいますから、そういった意味では、密を避け、かつ利用者の利便性を維持しというふうになると、どんどん走らせれば走らせるほど、動かせば動かすほど赤字になってもやはりやっていかなきゃいけない。でも、そこは、国として、言ってみれば、こういうものというのは血管と同じなので、やはり一度途絶えてしまったら、なかなかもとに戻すというのは非常に難しい。ですから、やはりそういった意味では、この厳しい局面、将来に向けてしっかり支えていくんだと。ちょっと、今までと全く局面の違う、発想の違う形で、こういう公共交通機関に対する支援というものを国土交通省として考えていくべきじゃないかと思いますが、時間になりましたので、最後にちょっと大臣の決意をお聞かせいただければと思います。」


→議事録全体を見る(国立国会図書館 国会会議録検索システムが別タブで開きます)

戻る