希望日本研究所とは、「希望あふれる日本」にするためには何をすべきかを常に考え、提言し、実行していく場所です。

希望日本賛同議員国会発言データベース

賛同議員の国会での各会議・委員会における発言がご覧いただけます。

(議員の所属政党は、委員会等での発言時のものとしています。

また、名前の前に※印がついている議員は、以前の賛同議員です。)

羽田雄一郎先生のご訃報に接し、衷心より哀悼の意を表します。

発言の詳細を表示します。


議員名行田邦子(みんなの党)

2014/10/2

委員会名参議院 本会議


「国民の生命と財産を守る、国のかじ取りが託されている総理は、議院内閣制の下、国会により指名されています。その国会の一院である参議院は、一票の格差の問題で最高裁から違憲状態と判断され、二年がたちました。選挙制度協議会では、座長と各党から案が出されていますが、最大政党の自民党からは一向に案が出されません。このままでは議論が頓挫してしまいます。みんなの党は、一票の格差をゼロにする一人一票比例代表制を主張していますが、次善の策として、座長が提示した、一票の格差を二倍以内に抑える合区案をベースとした協議に応じることもやぶさかではありません。抜本的改革を何も進めない怠慢は許されないからです。国民の代表をどのように選ぶのか、誰を選ぶのか。選挙制度は民主主義の根幹です。国の行く末を大きく左右します。総理、選挙制度改革の議論を進めるよう、自民党総裁として指導力を発揮していただけませんか。」


→議事録全体を見る(国立国会図書館 国会会議録検索システムが別タブで開きます)

戻る