希望日本研究所とは、「希望あふれる日本」にするためには何をすべきかを常に考え、提言し、実行していく場所です。

希望日本賛同議員国会発言データベース

賛同議員の国会での各会議・委員会における発言がご覧いただけます。

(議員の所属政党は、委員会等での発言時のものとしています。

また、名前の前に※印がついている議員は、以前の賛同議員です。)

羽田雄一郎先生のご訃報に接し、衷心より哀悼の意を表します。

発言の詳細を表示します。


議員名(※)鈴木望(日本維新の会)

2014/5/21

委員会名衆議院 文部科学委員会


「そこで、もう問題を単純化してお聞きをしたいと思うわけですけれども、短答式じゃないんですけれども、そういうふうに大ざっぱに割り切ってお答えをいただかないとよくわからないという意味で、ぜひお答えいただきたいんです。一つは、STAP細胞は、論文の過誤にもかかわらず存在すると証明されたのかどうか。二択目として、STAP細胞は今回の論文では存在を証明できなかった。三択目としては、STAP細胞に関する小保方氏を中心とする論文は論文として失格なんだ、だから、STAP細胞の存在は、あるかないかということはこの論文では不明である。この三択のどれかになっていただくとよくわかるわけですけれども、以上の、私が言いました、存在すると証明された、存在は証明ができなかった、三番目として、STAP細胞の存在は依然として不明、四番目として、その一から三のどれでもない、その中のどれというふうに現時点で当局は御判断しているんでしょうか。お答えできる範囲でお答えいただければと思います。」 「いろいろ言われると、はっきり言ってよくわからないわけです。今、私も真剣に聞いて整理をさせていただくと、要するに、論文としては、失格という言い方がどうかわからないですが、不備であるとか、論文としてはSTAP細胞があるだとかということを証明するようなレベルの段階にまでは至っていない、だから、STAP細胞があるのかどうかということも当然わからないというふうに理解をしてよろしいですね。」 「ついででありますけれども、STAP細胞が存在するということが理研の検証でわかったとか、また、外国の科学者がそれを証明したということになった場合には、STAP細胞を最初に発見した、証明したというのはどなたになるんですか。」


→議事録全体を見る(国立国会図書館 国会会議録検索システムが別タブで開きます)

戻る