希望日本研究所とは、「希望あふれる日本」にするためには何をすべきかを常に考え、提言し、実行していく場所です。

希望日本賛同議員国会発言データベース

賛同議員の国会での各会議・委員会における発言がご覧いただけます。

(議員の所属政党は、委員会等での発言時のものとしています。

また、名前の前に※印がついている議員は、以前の賛同議員です。)

羽田雄一郎先生のご訃報に接し、衷心より哀悼の意を表します。

発言の詳細を表示します。


議員名佐藤ゆかり(自由民主党)

2015/5/7

委員会名衆議院 憲法審査会


「我が国日本は、ことしで戦後七十年の大きな節目を迎えておりますが、戦後七十年間の歴史の中で、平和憲法のもとで民主国家として日本が行ってまいりました人道的支援や経済支援、紛争解決に向けた平和外交や自衛隊派遣などの世界貢献には、十分な時代的な評価が付されるべきであると私は考えております。この意味で、一部内外メディアによります安倍内閣の例えば右傾化などといった誤った論評や脚色というものは時代錯誤の議論を促進するものでありまして、戦後七十年間の平和国家としての日本の歴史や世界貢献の実績を振り返りながら、戦後時代のある意味終局という認識のもとで、今後の新たな国家づくりの根幹となる憲法改正の議論というものを望んでいるところでございます。特に、現在の日本国憲法は戦後的な時代観や価値基準のもとでつくられているものでありまして、特に特定秘密保護法ですとか集団的自衛権の議論で展開されましたような表現の自由やプライバシー権、平和主義に対する論評の多くというものが、これらのいわゆる表現の自由や平和主義といった価値観に対する国民的な希求度が極めて高かった戦後の価値基準に照らした論評であるということは指摘をしたいというふうに思います。戦後七十年の時代の大きな変遷の中で、こうした憲法価値というものを今後も絶対的な価値とみなし続けていくのか、あるいは、七十年間の時代の変化に相応する新たな憲法価値を創造して、その新たな価値観の世界の中で平和国家というものを相対的憲法価値として確立していくのか、これは議論の上で重要な観点であるというふうに考えております。」 「戦後日本のGHQにおきまして、軍部の暴走に対して民主主義の確立を急いだ日本国憲法の成り立ちに対して、時代を経て、日本の民主主義は確立され、揺るぎない実績となっております。むしろ、戦後七十年を迎えた我が国日本が目下抱えます安全保障体制の見直しに関する議論におけます憲法的課題というのは、私は、積極的平和主義のもとで、紛争やテロ行為などの国家的脅威から国民全般の安全、安心を確保するための取り組みというある意味公共的な価値と、特定秘密保護法の審議で言われましたような表現の自由などの個人の自由や権利保障を重視する個人主義的な価値観、これらの二つの間で憲法的価値をどの程度リバランスさせるのか、そういう観点が根本的に重要であるというふうに認識をしております。」


→議事録全体を見る(国立国会図書館 国会会議録検索システムが別タブで開きます)

戻る