希望日本研究所とは、「希望あふれる日本」にするためには何をすべきかを常に考え、提言し、実行していく場所です。

希望日本賛同議員国会発言データベース

賛同議員の国会での各会議・委員会における発言がご覧いただけます。

(議員の所属政党は、委員会等での発言時のものとしています。

また、名前の前に※印がついている議員は、以前の賛同議員です。)

青山周平さんの発言を表示します。


議員名青山周平(自由民主党)

2015/4/22

委員会名衆議院 文部科学委員会


「さかのぼりますと、戦後、教育勅語に基づく戦前の修身教育が否定をされ、昭和二十二年、教育基本法で社会科が新設をされました。その後、昭和三十三年、子供たちの道徳的価値観を育むため、道徳の時間が新設をされました。約十年ごとの学習指導要領の改訂により、その時々の子供たちの実態に合わせて、時代に合わせて改良が進められ....


→発言の続きを見る


議員名青山周平(自由民主党)

2014/10/31

委員会名衆議院 文部科学委員会


「先ほど冨岡委員から、この条約に関する意義について多くの質問をいただいたところでありますが、私も、国内法の整備においては、まさにこのCSCに入る意味というのが重要になってくると思いますので、その点で、一点質問をまずさせていただきたいと思います。実は、今回調べましたら、今から六年前、平成二十年に既に、CSCを含....


→発言の続きを見る


議員名青山周平(自由民主党)

2014/10/31

委員会名衆議院 文部科学委員会


「そこで、二つ目の質問をさせていただきたいと思うんですが、先ほど冨岡委員のときの質問の中で、CSCの意義についてお話をいただいておりました。ただ、今の御答弁と、閣議決定以降、新聞だとか報道各紙から言われるところとちょっと意義が違って伝わっているようなところがあるというふうに感じております。例えば十月二十六日の....


→発言の続きを見る


議員名青山周平(自由民主党)

2014/10/31

委員会名衆議院 文部科学委員会


「先ほどお話ありました拠出金と、事故が起こったときには日本に対しては七十億円ぐらいのお金が入る、額は小さいわけでありまして、今回の福島の事故に関しては四兆円を超えるお金がもう既に賠償で使われているということでありますので、額は小さいものでありますが、その拠出金に関して、今回の法律はその拠出金をどういうふうに出....


→発言の続きを見る


議員名青山周平(自由民主党)

2014/10/31

委員会名衆議院 文部科学委員会


「そうしましたら、次に、CSC締結に伴う我が国の損害賠償への影響についてお伺いをさせていただきたいと思います。現在、あの福島の事故によって、我が国では原子力賠償制度により損害賠償が行われているところでありますが、CSCの締結によって賠償に影響が生ずるようなことがあれば、被害者の皆様方に不安を与えてしまうことに....


→発言の続きを見る

5件見つかりました。