希望日本研究所とは、「希望あふれる日本」にするためには何をすべきかを常に考え、提言し、実行していく場所です。

希望日本賛同議員国会発言データベース

賛同議員の国会での各会議・委員会における発言がご覧いただけます。

(議員の所属政党は、委員会等での発言時のものとしています。

また、名前の前に※印がついている議員は、以前の賛同議員です。)

東 徹さんの発言を表示します。


議員名東 徹(日本維新の会)

2019年3月20日

委員会名参議院 厚生労働委員会


「厚生労働予算というのは、一番、省庁の中でも一番大変大きな予算金額ですから、どういうふうに予算が執行されていくのかということをきちっとチェックしていく必要というのは大変大事だというふうに思っております。その中で、平成二十六年でしたですかね、地域医療介護総合確保推進法という大変大きな束ね法案でありましたけれども....


→発言の続きを見る


議員名東 徹(日本維新の会)

2019年3月20日

委員会名参議院 厚生労働委員会


「二十六年から二十八年で二千七百十一億円を基金として積んで、そのうち執行されたのが一千七百二十九億円という金額になるわけですけれども、これ、具体的に何に使われたのかというのはどうなっているんでしょうか。」


→発言の続きを見る


議員名東 徹(日本維新の会)

2019年3月20日

委員会名参議院 厚生労働委員会


「それだけお金を使ってきて、それがちゃんと成果が上がっているのかというところの検証がすごく大事だというふうに思っているんですけれども。これ通告していなかったんですが、もしお答えできればお答えいただきたいと思うんですけれども、病床機能の報告ありますよね、病床機能の報告。これは、例えば、急性期機能の病床が多い、そ....


→発言の続きを見る


議員名東 徹(日本維新の会)

2019年3月20日

委員会名参議院 厚生労働委員会


「これ、数字のカウントの仕方がすごい都道府県任せで、今回の毎月勤労統計と同じで、僕は改ざんみたいな形になると思いますよ。要するに、都道府県で病床機能があるけれども、その数字は自分たちで分析してやりなさいよみたいな。でも、厚労省の方は、各病床、例えば急性期が何床とか回復期が何床、これ把握できるわけでしょう。その....


→発言の続きを見る


議員名東 徹(日本維新の会)

2019年3月20日

委員会名参議院 厚生労働委員会


「あともう一つ、地域医療情報連携ネットワークの整備というのがありますけれども、これは医療の質、患者の利便性を向上させるものですが、三月十五日の日経新聞の朝刊第一面でこれ出ていて、私もびっくりしたんですけれども、基金以外からの補助金を含めて五百三十億円もの税金を掛けたのに、全国の地域ネットワーク登録者数は僅か一....


→発言の続きを見る


議員名東 徹(日本維新の会)

2019年3月20日

委員会名参議院 厚生労働委員会


「これ、補助対象外のシステムの補助金が使われているというふうにも報道されていました。広島県では宣伝費などにも補助金が使われているとか、それからまた、徳島県では先ほども言いました補助対象外のシステムに使われているとか、こういった報道があったんですけれども、こういったことはきちんと把握されていたんですか。もう端的....


→発言の続きを見る


議員名東 徹(日本維新の会)

2019年3月20日

委員会名参議院 厚生労働委員会


「これ、日経新聞が取材して分かっていて、後から分かったというのじゃ、やっぱり遅いんですよね。きちっとこれ、やっぱり基金をつくるときにも、これたしか附帯決議にもあったと思いますよ。やっぱりその附帯決議にも、評価の仕組みの構築というものをやるというふうな附帯決議が出ていました。成果を適正に判定するための事業実施後....


→発言の続きを見る


議員名東 徹(日本維新の会)

2019年3月20日

委員会名参議院 厚生労働委員会


「お金出したら出しっ放しみたいなところがあると思いますよ。やっぱりきちっと、そのお金が何にどう使われているのか、それがまず適正なのかどうかというところ、適正に使われていて、きちんとどういうふうな成果が上がったのかという評価、それは、やっぱり国民の税金を使っている以上、当然だと思うんですね。これは都道府県に任せ....


→発言の続きを見る


議員名東 徹(日本維新の会)

2019年3月20日

委員会名参議院 厚生労働委員会


「それで、これは不適切な使い方であったと分かったときはお金返してもらうんでしょうね。」


→発言の続きを見る


議員名東 徹(日本維新の会)

2019年3月20日

委員会名参議院 厚生労働委員会


「この基金では、医療従事者の確保ということで、一千百九十三億円掛けて、産科や救急等の不足している診療科の医師確保とか女性医師等の復職支援、看護職員の定着支援などに使われていますけれども、これらについてはどの程度効果が上がっているのか、お伺いいたします。」


→発言の続きを見る


議員名東 徹(日本維新の会)

2019年3月20日

委員会名参議院 厚生労働委員会


「一点だけ港湾労働についてお伺いしたいと思うんですけど、これ前にも聞かせていただいたんですけれども、港湾労働についてはその区域の指定が実態に反映されていません。水域から二百メートルでしたっけ、というふうな、あるんですけれども、私の地元、大阪で言えば大和川みたいな、もう言うてみれば川岸まで渡っていけるような、鳥....


→発言の続きを見る


議員名東 徹(日本維新の会)

2019年3月14日

委員会名参議院 厚生労働委員会


「この毎月勤労統計の不正問題について、特別監察委員会の方から追加報告書も出てまいりましたけれども、なかなかすとんと納得いくような報告がないというか、解明されていないなというふうな部分があります。その中でも一番納得がいかないのが、やっぱりその東京都の全数調査を三分の一だけの抽出調査に変えたという理由なんですね。....


→発言の続きを見る


議員名東 徹(日本維新の会)

2019年3月14日

委員会名参議院 厚生労働委員会


「やっぱり具体的なことが書かれていないんですよね。具体的に東京都のどういった立場の人からこういう苦情があったとか、もう少し具体的に何か書かれていたらいいんですけれども、都道府県からの要望がって、都道府県ってどこの都道府県ですかみたいな形の書き方になっているわけですよね。だから、全然何かこれ信憑性がないというか....


→発言の続きを見る


議員名東 徹(日本維新の会)

2019年3月14日

委員会名参議院 厚生労働委員会


「やっぱり、本当にこの問題をしっかりとオープンにしていかなかったら駄目じゃないかなと思うんですね。これ、ずっと質問、答弁を聞いておってもなかなか、やっぱり一番大事なのはここの部分だと思うんですね、なぜ全数調査から抽出調査に変えたのかというところ。ここは僕はもう肝中の肝だと思っていまして、やっぱりここは是非記録....


→発言の続きを見る


議員名東 徹(日本維新の会)

2019年3月14日

委員会名参議院 厚生労働委員会


「恐らく、この調査報告書を、これ読んで、ああ、そういうことだったのかと納得、恐らく多くの方が多分されないと思うんですね。こればっかり言うていてもあれなので、もう一つ大臣にお伺いしたいのは、これ、平成十六年一月の調査分から東京都の大規模事業所については全数調査が抽出調査に変更されたわけですけれども、十五年間です....


→発言の続きを見る


議員名東 徹(日本維新の会)

2019年3月14日

委員会名参議院 厚生労働委員会


「ちょっと介護離職についてお伺いしたいと思いますけれども、介護離職、これ、介護離職ゼロを掲げておりますけれども、これ本当ゼロになるのかなと思うんですが、今の時点でどれぐらいの成果が出ているのか、お伺いしたいと思います。」


→発言の続きを見る


議員名東 徹(日本維新の会)

2019年3月14日

委員会名参議院 厚生労働委員会


「介護しながら働く人は五十五万人いてて、介護離職ゼロですから、十年前と比べてもほとんどこれ変わっていないとは思うんですけれども、これ、ゼロという数字、これできるものなんですか、大臣に伺います。」


→発言の続きを見る


議員名東 徹(日本維新の会)

2019年3月14日

委員会名参議院 厚生労働委員会


「まあ、これ待機児童ゼロよりも、よっぽどこっちの方が大変だと思うんですね。余りこれゼロ、ゼロと言うと、何かほら吹きのように思えますよ。厚生労働省って何かほら吹きかみたいなね。ちょっと余り実現性のないことをやっぱり言うべきじゃないと思いますよ。いつ、何かこう、本当にできるのかということを聞いているのに、こうやり....


→発言の続きを見る


議員名東 徹(日本維新の会)

2019年2月7日

委員会名参議院 予算委員会


「本当に、最近、非常に国家公務員の不祥事問題、非常に多い中で、厚生労働省は特に多いというふうに思っております。今回の毎月勤労統計の問題でありますけれども、二〇〇四年、十五年からこういった問題が続けられていたということであります。調査方法をサンプル方式に変えたということでありますから、この目的なんですけれども、....


→発言の続きを見る


議員名東 徹(日本維新の会)

2019年2月7日

委員会名参議院 予算委員会


「報告書にもありますように、都道府県の担当者の負担を考慮したからだというふうになるわけですけれども、これ、東京都が調査結果をまとめたものが、二月六日、昨日でありますけれども、出ました。これには、今回の調査結果からは、東京都が毎月勤労統計調査の調査方法について大規模事業所の調査を全数調査から抽出調査に変更するこ....


→発言の続きを見る


議員名東 徹(日本維新の会)

2019年2月7日

委員会名参議院 予算委員会


「非常に答弁が分かりにくいんですけれども、要は、東京都はそういった要望した事実はなかったというふうに言っているんです。これ、監察委員会はきちんとこれ東京都の方にも聞きに、ヒアリングしに行くんですか。」


→発言の続きを見る


議員名東 徹(日本維新の会)

2019年2月7日

委員会名参議院 予算委員会


「もう一点、この調査方法だけにとどまらず、問題は、国民に支払われるべきお金が払われていなかった、雇用保険等ですけれども、これが過少給付だったというわけですけれども、その額五百六十四億円でありますけれども、そのためのシステム改修費などの事務経費、これは幾らですか。」


→発言の続きを見る


議員名東 徹(日本維新の会)

2019年2月7日

委員会名参議院 予算委員会


「労働保険から支払うということは、労働保険というのは労使が払っているお金ですから、要するに国民からいただいているお金でもってこれ事務経費を使うというのは、これはとんでもないと思うんですね。これは本来、こういった不祥事問題が起こらなかったら、こういった事務経費というのは要らなかったはずなんですよ。それを、自分た....


→発言の続きを見る


議員名東 徹(日本維新の会)

2019年2月7日

委員会名参議院 予算委員会


「これは安倍総理にお聞きしたいと思いますけれども、これは本来、事務経費、掛からなくて済んだお金を、こういった厚生労働省の職員の不祥事によってこういった事態になって、百九十五億円もお金が掛かる。今、節減するとか言っていますけれども、そんなのは当たり前の話であって、本来、こういった問題が起こったら、これは漫然と毎....


→発言の続きを見る


議員名東 徹(日本維新の会)

2019年2月7日

委員会名参議院 予算委員会


「続いて、厚労省の、ちょっとこれパネル見ていただきたいんですけれども、(資料提示)厚労省、これ、消えた年金問題からJEEDの不正入札、それからマイナンバーに関する収賄事件、裁量労働制の不適切なデータ処理。毎年のようにこういった不祥事問題が続いているんですよ。これ、本当にやっぱり厚生労働省としての組織、厚生労働....


→発言の続きを見る


議員名東 徹(日本維新の会)

2019年2月7日

委員会名参議院 予算委員会


「続いて、公務員のこれも不祥事問題として昨年出た、障害者の雇用の水増し問題、障害者ではないのに障害者だとして雇用しているということを全省庁にまたがってやっているということが出ました。この基準を満たしていないということが分かりましたけれども、何人不足していたのか、まずお聞きしたいと思います。」


→発言の続きを見る


議員名東 徹(日本維新の会)

2019年2月7日

委員会名参議院 予算委員会


「じゃ、この三千八百七十五人、どうやって不足を補っていくのか、お聞きしたいと思います。」


→発言の続きを見る


議員名東 徹(日本維新の会)

2019年2月7日

委員会名参議院 予算委員会


「もうこれ、定員の数が、国家公務員の定員の数が増えていくことになるんじゃないですか。これ、宮腰大臣にお聞きしたいと思います。」


→発言の続きを見る


議員名東 徹(日本維新の会)

2019年2月7日

委員会名参議院 予算委員会


「簡単に定員を増やしたらいいというものじゃないですよ。それは、障害者の方を雇用するのは大事なことです。でも、雇用増やすんだったら、どこかでそれをやりくりしていく、採用を減らすとか、そういったことを是非やるべきだと思います。これ、民間企業だったら、障害者の法定雇用率満たしていなければどのような罰則があるのか、お....


→発言の続きを見る


議員名東 徹(日本維新の会)

2019年2月7日

委員会名参議院 予算委員会


「根本大臣、民間企業が、これ一人不足していたら年間六十万円の納付金、これを納めないといけないですよね。これ、もし企業が赤字だったらどうなるんですか。」


→発言の続きを見る


議員名東 徹(日本維新の会)

2019年2月7日

委員会名参議院 予算委員会


「これ、民間に対しては物すごい厳しい制度なんですよ。企業が赤字であっても一人当たり年間六十万円の納付金、要するに、罰則金みたいなものを払わないといけないわけですよ。もうそれだけ厳しいことを民間には課しているわけです。だから、これはやっぱり国として、やっぱり私は、やるべきことは、まず本来は、国の役割は、罰則のあ....


→発言の続きを見る


議員名東 徹(日本維新の会)

2019年2月7日

委員会名参議院 予算委員会


「こういったことは厚生労働省だけでできることではないと思います。是非、これ、安倍総理に是非お願いしたいと思います。」


→発言の続きを見る


議員名東 徹(日本維新の会)

2019年2月7日

委員会名参議院 予算委員会


「では、続いて次の質問に移らせていただきたいと思います。参議院の議員定数六増のことについてであります。昨年の通常国会で、議員定数削減の大きな流れに反する中で、国会議員、参議院は定数を六増やすという、これ、自民党と公明党の賛成によって成立をいたしました。これ、地方議会では議員定数減らしたところ、どれだけあるのか....


→発言の続きを見る


議員名東 徹(日本維新の会)

2019年2月7日

委員会名参議院 予算委員会


「二十四年四月一日と二十八年四月一日で比較すると、都道府県では十六団体が削減している、市町村では六百三団体。これだけ議員定数をやっぱり削減してきているんですよ。国は、参議院は、人口が今減少してきているのに、少子高齢化、人口減少、財政状況も非常に厳しいという中で議員定数六増、増やすというのは、これはもう本当にと....


→発言の続きを見る


議員名東 徹(日本維新の会)

2019年2月7日

委員会名参議院 予算委員会


「これ、議員定数六増。何で六増したか分かりますか、安倍総理。」


→発言の続きを見る


議員名東 徹(日本維新の会)

2019年2月7日

委員会名参議院 予算委員会


「これは、自民党が強引にこの法案を推し進めて、公明党等によって成立したという定数六増法案です。これは、何でこれ増やさなきゃならなかったのかというと、島根県と鳥取県、それから高知県と徳島県、この合区によって議員があふれた。そのあふれた議員を救済するためにですよ、救済するために六増、増やしたんじゃないですか、安倍....


→発言の続きを見る


議員名東 徹(日本維新の会)

2019年2月7日

委員会名参議院 予算委員会


「全然違いますよ。埼玉はそれはもう一票の較差を是正するために増やしたんだったら、比例区を減らせばいいわけですよ。何も増やす必要なんて全くありません。それ以外にも、私は、これ今、本当に国は行政改革、全然やろうとしない。やろうとしないのは何でかというと、国会改革ができていないどころか、国会改革が後退しているからで....


→発言の続きを見る


議員名東 徹(日本維新の会)

2019年2月7日

委員会名参議院 予算委員会


「国会改革は本当に、今自らを振り返りということを言いましたけれども、全然、自らを省みて何かやっぱり無駄をなくしていこうとか、やっぱりそういった改革、一向にやらないですよ。これは自民党がやっぱり過半数あるんだから、是非これ進めていっていただきたいと思います。歳費だけを、歳費だけ減らして、その議員の定数を増やした....


→発言の続きを見る


議員名東 徹(日本維新の会)

2019年2月7日

委員会名参議院 予算委員会


「安倍総理、これ、国家公務員、どんどん増えていっていますよ。やるべきことがあるからといって増やしていったら、これ止めどなく増えていきますよ。どこかでやっぱりやりくりするという、やっぱりそういった行政改革大事ですよ、安倍総理。是非、これ進めるべきというふうに考えますが、是非御答弁いただきたいと思います。」


→発言の続きを見る


議員名東 徹(日本維新の会)

2019年2月7日

委員会名参議院 予算委員会


「厳正な定員管理と言いながら、実際は定数が二千百六十四人も増えているんですよ、増えているんです。定数管理やると言いながら増えています。国家公務員の人件費だって、これ、先ほど、パネルがあるんですが、これ見ていただいたら分かるように、国家公務員の人件費だってどんどんと今、毎年人事院勧告どおり出していって、合計で二....


→発言の続きを見る


議員名東 徹(日本維新の会)

2019年2月7日

委員会名参議院 予算委員会


「続いて、消費税について伺いますけれども、安倍総理は最近、消費税を八%へ引き上げた際の反省を踏まえと言われますが、この反省とはどういうものなのか、安倍総理にお伺いしたいと思います。」


→発言の続きを見る


議員名東 徹(日本維新の会)

2019年2月7日

委員会名参議院 予算委員会


「安倍政権になって確かに雇用は増えているんですけれども、その一番問題、私が気にしているのは、毎月勤労統計の問題の影響もありますけれども、可処分所得なんですね。これ、石田大臣に続いてお伺いしますけれども、可処分所得、リーマン・ショック前の二〇〇七年と二〇一七年、比較したらどうなっていますか。」


→発言の続きを見る


議員名東 徹(日本維新の会)

2019年2月7日

委員会名参議院 予算委員会


「可処分所得については、リーマン・ショック前の二〇〇七年、そして直近の二〇一七年、比較すると四十四万二千五百四円から四十三万四千四百十五円と、まだ減っているんですよ、少ないんです。で、これ、二〇〇七年を一〇〇とすると二〇一七年で九八・二。こんな中で今消費税を引き上げようとしているんです。これ、国民負担率だって....


→発言の続きを見る


議員名東 徹(日本維新の会)

2019年2月7日

委員会名参議院 予算委員会


「国民負担率もどんどんどんどんと上がってきているんですよ。やっぱりそんな中で、やっぱり雇用は確かに増えましたけれども、可処分所得は減っている、国民負担率はどんどんやっぱり上がっていく。こんな状況がやっぱり続く中で、本当にこれ消費税を引き上げると、これ国民の負担は大きくなって個人消費が落ち込んで、結果的に全体の....


→発言の続きを見る


議員名東 徹(日本維新の会)

2019年2月7日

委員会名参議院 予算委員会


「最後に、自民党の国民政治協会、もうこういった政治資金団体、もうなくすべきじゃないですか、安倍総理。」


→発言の続きを見る


議員名東 徹(日本維新の会)

2019年2月7日

委員会名参議院 予算委員会


「自民党として、党としてこれお金を受け取ることができるわけですから、国民政治協会要りませんよ、安倍総理。」


→発言の続きを見る

46件見つかりました。