希望日本研究所とは、「希望あふれる日本」にするためには何をすべきかを常に考え、提言し、実行していく場所です。

希望日本賛同議員国会発言データベース

賛同議員の国会での各会議・委員会における発言がご覧いただけます。

(議員の所属政党は、委員会等での発言時のものとしています。

また、名前の前に※印がついている議員は、以前の賛同議員です。)

三ツ林裕巳さんの発言を表示します。


議員名三ツ林裕巳(自由民主党)

2020年02月25日

委員会名衆議院 予算委員会


「自由民主党の三ッ林裕巳でございます。本日は、質問の機会をいただきまして、ありがとうございます。まず、地域医療のことについてちょっとお話をさせていただきたいと思います。今、厚生労働省が、地域医療構想、医師偏在対策、医師の働き方改革等々、三位一体の改革と称し、そして、この改革に精力的に御尽力していただいているこ....


→発言の続きを見る


議員名三ツ林裕巳(自由民主党)

2020年02月25日

委員会名衆議院 予算委員会


「次の質問ですけれども、医師の働き方改革で兼業、副業の問題が大きな問題になっておりますけれども、労働時間を通算していくということによって、これまでは、大学病院から医師を派遣することによって地域の医療機関の宿日直、当直が支えられている現状でありますが、仮に通算する場合、どのような影響を考えられているのか、地域医....


→発言の続きを見る


議員名三ツ林裕巳(自由民主党)

2020年02月25日

委員会名衆議院 予算委員会


「次の質問です。また医師の働き方改革なんですけれども、今回、令和二年度予算案において、消費税を活用した地域医療総合確保基金と診療報酬による対応をして、救急病院に対する医師の働き方改革支援をされていく予定でありますけれども、対応の狙いや対象医療機関、こういった考え方はどうなっているのか、ちょっとお答えをお願いい....


→発言の続きを見る


議員名三ツ林裕巳(自由民主党)

2020年02月25日

委員会名衆議院 予算委員会


「次の質問ですが、今度は歯科医療のことなんですけれども、医科歯科連携が、周術期の口腔機能管理を行うことによって入院日数が減る、そして医療費が削減される、これは多くの施設でのエビデンスが出ておりますけれども、なかなか進んでいないというのが現状だと思うんですが、令和二年度の診療報酬改定で医科歯科連携を推進するため....


→発言の続きを見る


議員名三ツ林裕巳(自由民主党)

2020年02月25日

委員会名衆議院 予算委員会


「次の質問ですけれども、パラジウムのことなんですけれども、歯科の歯冠修復及び欠損補綴に用いられるパラジウム、これが大幅に今高騰しております。歯科医療機関の経営に多大な影響を及ぼしている状況なんですけれども、過去二十年間でまれに見る高騰に対して、国民の口腔の健康維持を担っている歯科医の先生方が大変心配しています....


→発言の続きを見る


議員名三ツ林裕巳(自由民主党)

2020年02月25日

委員会名衆議院 予算委員会


「次の質問ですけれども、やはり歯科のことについてなんですが、私は、健康寿命を延伸すること、それから糖尿病の重症化予防、例えば、合併症である腎不全は、糖尿病を大体約二十年ぐらい経過すると腎不全に陥っていくわけですけれども、そうすると透析医療となってくるわけですが、糖尿病患者に対する口腔管理をやることが大変重要だ....


→発言の続きを見る


議員名三ツ林裕巳(自由民主党)

2020年02月25日

委員会名衆議院 予算委員会


「あと、最後の質問になります、HPVワクチンのことについてちょっと御質問させていただきます。日本では、毎年約一・一万人の女性が子宮頸がんに罹患して、約二千八百人の女性が亡くなっております。HPVワクチンは、子宮頸がんを防ぐことが期待できるワクチンとして、百カ国以上で公的な予防接種が行われております。日本では、....


→発言の続きを見る

7件見つかりました。