希望日本研究所とは、「希望あふれる日本」にするためには何をすべきかを常に考え、提言し、実行していく場所です。

希望日本賛同議員国会発言データベース

賛同議員の国会での各会議・委員会における発言がご覧いただけます。

(議員の所属政党は、委員会等での発言時のものとしています。

また、名前の前に※印がついている議員は、以前の賛同議員です。)

発言の詳細を表示します。


議員名中村裕之(自由民主党)

2019年11月5日

委員会名衆議院 文部科学委員会


「既に三割の大学が何らかの形で民間試験を入学者選抜試験に活用しているという状況で、今回の一連の流れの中で、四年制大学でいうと七割が活用するという表明をされたわけですが、今後、この文部科学省の方針転換によって、それぞれの大学がそれをどうするかということを検討し、発表することと思います。しかし、そういったことであっても、少なくとも、二〇二〇年度から二〇二三年度までの間に受験する皆さんについては、より公平性を保つために二回までというふうに回数を制限していた、その部分の格差是正策がとられないという実態があります。今、GTECさんからお話がありましたとおり、低所得者世帯の検定料についても、これから全体のことが、多分受験生の数字、数を見ながらいろいろなことが決まってくるんだと思いますが、文部科学省が実施する上でさまざまな皆さんからいただいた地域格差また経済格差の是正策というのが二〇二三年までなかなかとられない心配が出てくると思います。その点について、先ほどの三人の参考人からお話を聞きたいと思います。」


→議事録全体を見る(国立国会図書館 国会会議録検索システムが別タブで開きます)

戻る