希望日本研究所とは、「希望あふれる日本」にするためには何をすべきかを常に考え、提言し、実行していく場所です。

希望日本賛同議員国会発言データベース

賛同議員の国会での各会議・委員会における発言がご覧いただけます。

(議員の所属政党は、委員会等での発言時のものとしています。

また、名前の前に※印がついている議員は、以前の賛同議員です。)

羽田雄一郎先生のご訃報に接し、衷心より哀悼の意を表します。

発言の詳細を表示します。


議員名後藤茂之(自由民主党)

2018/5/31

委員会名衆議院 本会議


「時間外労働の上限規制は、これまで労使で合意して協定を結べば青天井で働くことができた時間外労働について、労使協定でも超えることのできない法的な上限を罰則つきで設けるものであり、労働基準法制定以来の大改革です。また、高度プロフェッショナル制度は、成果で評価されることを希望する高度専門職の方が、明確な職務範囲について、高い年収を確保した上で、みずから仕事の進め方を決めて自律的に働くことができる選択肢を用意するもので、一般労働者を対象とする制度には見られない健康確保のための特別な措置を講ずることを前提としています。同一労働同一賃金は、パートタイム労働者、有期雇用労働者、派遣労働者について、正規雇用労働者との間の不合理な待遇差や差別的取扱い等を禁止すること等を通じ、雇用形態にかかわらない公正な待遇を確保するものです。これらの改正は、政府、与党のそれぞれにおいて議論を深め、労使トップと学識者、そして政府の政労使が合意して策定した働き方改革実行計画において成案を得たものです。」


→議事録全体を見る(国立国会図書館 国会会議録検索システムが別タブで開きます)

戻る