希望日本研究所とは、「希望あふれる日本」にするためには何をすべきかを常に考え、提言し、実行していく場所です。

希望日本賛同議員国会発言データベース

賛同議員の国会での各会議・委員会における発言がご覧いただけます。

(議員の所属政党は、委員会等での発言時のものとしています。

また、名前の前に※印がついている議員は、以前の賛同議員です。)

羽田雄一郎先生のご訃報に接し、衷心より哀悼の意を表します。

発言の詳細を表示します。


議員名野田国義(立憲民主党)

2020年7月30日

委員会名参議院 国土交通委員会


「このPCR検査は、本当、全体的にも非常にまだ低いと、少ないという状況でございますので、何とか増やしていくと、そして被災地のボランティアにも積極的に多くの方々が入っていただくということで是非ともお願いをしたいと、大臣からもそういった声を上げていただければ大変有り難いと。テックフォース、今話ありましたけど、大変地元も、入っていただいて助かっているということで喜ばれているということも付け加えさせていただきたいと思います。それから、ゴー・ツー・キャンペーンについて質問を移りたいと思いますけれども、私、実を言いますと、昨日、事務局の方に同僚議員と視察に行ってまいったところでございまして、今回は事務局の方も快くというか引き受けていただきまして、仕事をやっているところにも我々足を運ぶことができたということでございまして、これは良かったなと大変思っているところでございます。そこで質問したいと思いますが、御承知のとおり、この前倒しの問題、二十二日からすると、八月からなのを。そしてこの東京除外、それからキャンセル料を返すということ。何かこれ、場当たり的で一貫性がなかったんじゃないかと、次から次に話が変わったということでございますけれども、これ、誰がそういう決定をなされたのか。そしてさらに、私何回も指摘させていただいておりますけれども、決裁文書が何かないということを今回も聞いたわけであります、ヒアリングの中で。そうなりますと、私、大きく言えば公文書管理法違反ではないかと。ちゃんとそういった決裁文書を責任持って作っておくということが必要だと思いますが、いかがでしょうか。」


→議事録全体を見る(国立国会図書館 国会会議録検索システムが別タブで開きます)

戻る