希望日本研究所とは、「希望あふれる日本」にするためには何をすべきかを常に考え、提言し、実行していく場所です。

希望日本賛同議員国会発言データベース

賛同議員の国会での各会議・委員会における発言がご覧いただけます。

(議員の所属政党は、委員会等での発言時のものとしています。

また、名前の前に※印がついている議員は、以前の賛同議員です。)

羽田雄一郎先生のご訃報に接し、衷心より哀悼の意を表します。

発言の詳細を表示します。


議員名井上英孝(日本維新の会)

2019年2月27日

委員会名衆議院 予算委員会第二分科会


「地方議員のなり手不足の理由の一つに、地方議員の年金を今復活させるというような動きがあるというふうに我々も思っていますけれども、我が党は地方議員の年金の復活というのはやはり反対と、我々は姿勢をとらせていただいています。大阪市もそうですし、大阪府もそうですし、複数の地方議会から反対意見というのが意見書として出されています、全体的には少ないというふうには聞いているんですけれども。一方で、厚生年金への地方議会議員の加入を求める意見書というのが、都道府県レベルで六八・一、市区町村計で五八・五と、ちょっと我々が調べたのであれですけれども、それぐらいの率になっているというふうにも聞いているんです。いっとき、私も、当時、大阪の市議をやっているときに地方議員の年金が廃止になりまして、そのときには議員特権というふうなことも言われて、共済なので、そんなに特権というか、その前に国会議員の年金がなくなったと思うんですけれども、国会議員の年金とはまたちょっと違って、共済の考え方だったんですけれども、当時は議員特権と批判されて、そしてまた平成の大合併もあって、市議の、市議会のやはり人数、構成員の数もたくさんふえて、そういった財政的な問題もあったように思うんですけれども、廃止を一度されているにもかかわらず、今回こういうふうになっているんです。私は、この賛成の意見書に関してはちょっと高いなと思っているんですけれども、私見的には、あくまでも意見書なので、意見書ぐらいは、それ、加入できるということで意見書を出しておけというような空気があったのではないかなと私は個人的にこの結果を思っているんですけれども、大臣として、この意見書に対してどのようなお考えがあるか、お聞かせいただけますでしょうか。」


→議事録全体を見る(国立国会図書館 国会会議録検索システムが別タブで開きます)

戻る