希望日本研究所とは、「希望あふれる日本」にするためには何をすべきかを常に考え、提言し、実行していく場所です。

希望日本賛同議員国会発言データベース

賛同議員の国会での各会議・委員会における発言がご覧いただけます。

(議員の所属政党は、委員会等での発言時のものとしています。

また、名前の前に※印がついている議員は、以前の賛同議員です。)

羽田雄一郎先生のご訃報に接し、衷心より哀悼の意を表します。

発言の詳細を表示します。


議員名岸本周平(国民民主党)

2021年4月16日

委員会名衆議院 内閣委員会


「今日は差別解消法ということで、私も、日頃活動しております中で、例えば、和歌山県共同作業所連絡会、わされんという方々です、あるいは和歌山盲ろう者友の会、さらには障害者雇用をやっているNPOの皆さんと相談しながら、少し具体的な質問をしたいと思って用意してまいりましたが、その前に二点だけ、喫緊の課題でありますワクチン接種について、今日は山本厚生労働副大臣においでいただいていますので、簡潔にお聞きをしていきたいと思います。まず、鳴り物入りでスタートいたしましたワクチン接種円滑化システム、V―SYSなんですけれども、あろうことか、四月五日から何と十日間、十四日まで一部機能が停止いたしました。これは、皆さん、御存じでしょうか。あれだけ鳴り物入りでやりながら、機能が一部停止ということであります。結構、県が困っているんですね。都道府県の接種の数字が、実は、V―SYSでやっているものですから、これが止まってしまうと実数が把握できない。これが重複して計上されていて、多めに計上されていたという事実が判明いたしました。大変、和歌山県庁も困っておられました。事務方に聞きますと、まさに接種実績について重複した数値を含むものが表示されたということなので、一旦機能を停止して、十日間かけて改修作業をしました、こういうことでありましたが、一体どういう原因で、本当に重複した数字の表示だけの問題なのか、もっと根本的な問題はなかったのか、表示だけであれば単なるバグなのかもしれませんが、単なるバグを直すのに何で十日もかかるのか。このシステムのエラーの原因について、どういう原因なのか、副大臣から御意見を聞きたいと思います。」


→議事録全体を見る(国立国会図書館 国会会議録検索システムが別タブで開きます)

戻る