希望日本研究所とは、「希望あふれる日本」にするためには何をすべきかを常に考え、提言し、実行していく場所です。

希望日本賛同議員国会発言データベース

賛同議員の国会での各会議・委員会における発言がご覧いただけます。

(議員の所属政党は、委員会等での発言時のものとしています。

また、名前の前に※印がついている議員は、以前の賛同議員です。)

羽田雄一郎先生のご訃報に接し、衷心より哀悼の意を表します。

発言の詳細を表示します。


議員名笠浩史(未来日本)

2019年3月15日

委員会名衆議院 経済産業委員会


「次に、先ほどもあったんですけれども、ちょっと話題がかわるんですけれども、原発の問題はやはり最終処分だと思うんです。これは、原発政策について賛成か反対か、その議論はいろいろあったとしても、少なくとも核のごみの最終処理だけは、この必要性ということは、もうこれはみんなが認識が同じ方向で、やはりその必要性については理解しているところですけれども、残念ながら、今の、地層処分、この処分でいこうということからもう半世紀以上たってもめどが立っていないわけですよね、この処理地の。大臣が、平成二十七年の最終処分の基本方針が改定されたことを受けて、ちょうど二〇一七年の七月に科学的特性マップというものを出されて、そして、今、順次、住民との対話を、何かもう二巡目に入ったとか、八十カ所ぐらいやっているんですか、これまで。ただ、丁寧に説明していく、理解を得るということはいいんですけれども、果たして本当に、私、もう皆さん理解はされていると。福島の第一原発の事故もあったし、原発の恐ろしさ、あるいは最終処理をきちっとどうするのか、その必要性というのは国民の皆さん理解されていると思うんですよ。ただ、自分のところには持ってきてほしくない。ですから、今のこの対話をもう一歩踏み込んで、例えば、その必要性はわかるけれども、では受け入れることができるのかどうかというようなこともあわせて聞いていく必要があるんじゃないか。そういった意向というものも、どういう反応なのかを確かめていくような、そういう少し前へ進めていくような形の段階にそろそろもう一歩、大臣、たしか第一歩は長い道のりの第一歩とおっしゃっていたけれども、第二歩目みたいな形で次に踏み込んでいく、そういう予定があるのかどうか。そこの大臣の意向を聞かせていただきたいと思います。」


→議事録全体を見る(国立国会図書館 国会会議録検索システムが別タブで開きます)

戻る