希望日本研究所とは、「希望あふれる日本」にするためには何をすべきかを常に考え、提言し、実行していく場所です。

希望日本賛同議員国会発言データベース

賛同議員の国会での各会議・委員会における発言がご覧いただけます。

(議員の所属政党は、委員会等での発言時のものとしています。

また、名前の前に※印がついている議員は、以前の賛同議員です。)

発言の詳細を表示します。


議員名泉健太(国民民主党)

2020年3月6日

委員会名衆議院 内閣委員会


「明確に、専門家会議を使っていただくこと、緊急事態宣言の前に専門家会議で必ず議論をしていただくことというのを求めたいというふうに思います。また、可能な限り客観的基準にしていただきたいと思います。実は、先ほどの要件二の、経路が特定できない場合ということについても役所と我々の側では見解が分かれていまして、そういうものが一例でもあれば、もうこれは、我々は緊急事態に当たるんじゃないかというふうに言うところもあります。一方では、それが相当数なければいけないという話もあります。その辺のやはり見解がわからないまま、いつ発動されるかわからないでは、国民にとっては全く予見できないという話になりますので、一つ一つのこの文言について、これは具体的に何を指す、どういうことを指すということをできる限り明確にしていただきたいというふうに思います。あと、先ほど官房長官からお話があったように、遡及の部分については落としたということ。そして、国会に対する報告、これも言われているところでありますが、私たちとしてはというか、国会に対して、ただ世間的に発表したことを、同じようなものを報告されるだけでは余り議論も深まりませんので、報告の後、意見を伺うというふうに、与野党間の今申合せではそういう文章になっているということも鑑みて、やはり週に一遍ずつぐらいの報告、あるいは国会における審議、そういったものもぜひ前向きにお考えをいただきたいということもあわせてお願いしたいと思います。さて、時間も余りありませんが、北海道、今、非常事態宣言、ただ、これは法的なものではないということになります。そういう中で、私は、ちょっとこれはやり過ぎではないのかなと。要は、新しい法律ができて緊急事態宣言がされ直したのであればまだわかるんですが、雇調金の引上げですとか融資の引上げ、これは北海道のみということでありますけれども、これは、官房長官、やはり今は法的な位置づけがない中での特別措置だということでよろしいですか。」


→議事録全体を見る(国立国会図書館 国会会議録検索システムが別タブで開きます)

戻る