希望日本研究所とは、「希望あふれる日本」にするためには何をすべきかを常に考え、提言し、実行していく場所です。

希望日本賛同議員国会発言データベース

賛同議員の国会での各会議・委員会における発言がご覧いただけます。

(議員の所属政党は、委員会等での発言時のものとしています。

また、名前の前に※印がついている議員は、以前の賛同議員です。)

発言の詳細を表示します。


議員名柿沢未途(希望の党)

2018/3/6

委員会名衆議院 環境委員会


「ちなみに、ドイツ、ドイツの話ばかりして恐縮なんですけれども、しかし、総世帯数が四千万、ちなみに住宅ストックは四千万、ちょうど勘定が合っているんです。つまり、新築住宅の供給量を抑制をしているんですね。ドイツは、大体年間十八万戸ぐらいしか新築住宅は出てきません。そのかわり、住宅の省エネに対して補助金や税制優遇をどんとやって、むしろ、今まで新築住宅を建ててきた工務店の皆さんをこのリフォームの方に回していくということで、雇用も維持をしていくということをやっているわけです。しかも、これで省エネリフォームをやって、一%省エネ性能が上がれば、日本でいえば二十兆円、化石燃料を輸入して国富の流出が行われている、その二十兆円のうち、一%ですから年間二千億円のお金がリフォームに回って、これは国内を循環していくということにもなるわけです。海外に流れちゃっているお金が、この省エネリフォームを通じて日本の国内で還流する、こういうことにもなるわけです。私は、今何か、新築住宅で省エネ性能を高めることばかり言っているんですけれども、既存の住宅ストックの改修を行っていくことがもっともっと大事なのではないかと思うんです。その点について、また、先ほど申し上げたように今までの住宅政策のあり方についても、もしよかったら大臣のお話を聞かせていただきたいと思います。」


→議事録全体を見る(国立国会図書館 国会会議録検索システムが別タブで開きます)

戻る