希望日本研究所とは、「希望あふれる日本」にするためには何をすべきかを常に考え、提言し、実行していく場所です。

希望日本賛同議員国会発言データベース

賛同議員の国会での各会議・委員会における発言がご覧いただけます。

(議員の所属政党は、委員会等での発言時のものとしています。

また、名前の前に※印がついている議員は、以前の賛同議員です。)

発言の詳細を表示します。


議員名左藤章(自由民主党)

2020年02月25日

委員会名衆議院 予算委員会第二分科会


「地方交付税についてちょっと御質問をさせていただきたいと思います。実は、日本私立中学高等学校連合会が作成しております都道府県による私立高等学校等経常費助成の生徒等一人当たりの単価というのがあります。この一覧表があるんですけれども、それによると、例えば、平成三十年においては、高等学校の一人頭の国の財政措置、これは国庫補助単価プラス地方交付税単価を足したものでございますが、三十三万一千八百六円で、都道府県の平均単価は三十四万五千七百五十円となっていますが、私の地元の大阪は、一人頭三十万八千二百円となっております。高校で、だから、二万三千六百六円マイナスになっている。また、中学校についてはどうかというと、同じようなことで、マイナスが六万八百四十五円になっています。また、小学校においても、マイナス九万二千十一円になっています。これは、我々は、正直言って、文部科学省とともに私立の学校をしっかり応援しようということで、予算措置をしていただいておりますけれども、地方交付税として来ます、結果的にはそれが学校の方に行っていない、こういうことになっています。これはいかがかなと非常に地元からクレームが出ているし、また、ぜひ何とか是正していただきたいという話が出ています。確かに、都道府県知事にはそういう裁量権があるわけですが、これはやはり問題ではないか、このように思いますので、総務省の見解を伺いたいと思います。」


→議事録全体を見る(国立国会図書館 国会会議録検索システムが別タブで開きます)

戻る