希望日本研究所とは、「希望あふれる日本」にするためには何をすべきかを常に考え、提言し、実行していく場所です。

希望日本賛同議員国会発言データベース

賛同議員の国会での各会議・委員会における発言がご覧いただけます。

(議員の所属政党は、委員会等での発言時のものとしています。

また、名前の前に※印がついている議員は、以前の賛同議員です。)

発言の詳細を表示します。


議員名柿沢未途(希望の党)

2018/3/20

委員会名衆議院 環境委員会


「この環境再生保全機構なんですけれども、PCB廃棄物処理の支援やアスベストの健康被害の救済制度も事業として受け持っておられますけれども、年間予算、六百億、五百億円台ぐらいですかね、そのうち、やはり、今回の大気汚染による公害健康被害への補償関連の事業が四百億円ぐらい占めていますから、機構の事業の大半がこの事業であると言って過言ではないというふうに思うんです。ところが、この部分は、先ほど申し上げたとおり、補償給付の対象人数も給付総額もピーク時の三分の一近くまで減ってきているわけです。しかも、新規の認定患者がいない以上、やがてゼロになっていく、こういう見込みであるわけです。ところが、この環境再生保全機構の職員数を見ますと、常勤職員数は、平成十八年度から二十三年度まで十三人減ったものの、それ以降は、今に至るまで百四十八人、こういう数字で、実は減っていないんですね。主要な事業が小さくなっていくのに職員数に増減が見られない、これは一体どうしたことなのか、お伺いをしたいというふうに思います。」


→議事録全体を見る(国立国会図書館 国会会議録検索システムが別タブで開きます)

戻る