希望日本研究所とは、「希望あふれる日本」にするためには何をすべきかを常に考え、提言し、実行していく場所です。

希望日本賛同議員国会発言データベース

賛同議員の国会での各会議・委員会における発言がご覧いただけます。

(議員の所属政党は、委員会等での発言時のものとしています。

また、名前の前に※印がついている議員は、以前の賛同議員です。)

発言の詳細を表示します。


議員名柿沢未途(希望の党)

2018/3/20

委員会名衆議院 環境委員会


「一方で、排ガスによる被害が深刻な地域とされた第一種指定地域は、先ほどお話がありましたとおり、昭和六十三年に全て解除されていて、そこから三十年の歳月がもう過ぎているわけです。被認定者も時の経過とともに減少して、ピーク時の十一万人が今や三万四千人まで減っている。補償給付の総額についても、一千七十六億円から、この資料を見ると、平成二十八年度では三百九十億円まで減っているわけです。これは、被認定者補償給付費総額とともに両方とも最終的にはゼロになっていくわけですから、本来、制度自体の見直し時期を明示すべきときに来ているはずではないかと思います。言葉は悪いですけれども、今回、当分の間という言葉に乗っかって、漫然と期限の定めのない自動延長の道を選んだようにも見えるわけです。五年なら五年、十年なら十年、区切って、制度のあり方、負担のあり方、総合的な見直しを行う必要があるのではないかと思いますが、大臣はいかがお考えでしょうか。」


→議事録全体を見る(国立国会図書館 国会会議録検索システムが別タブで開きます)

戻る