希望日本研究所とは、「希望あふれる日本」にするためには何をすべきかを常に考え、提言し、実行していく場所です。

希望日本賛同議員国会発言データベース

賛同議員の国会での各会議・委員会における発言がご覧いただけます。

(議員の所属政党は、委員会等での発言時のものとしています。

また、名前の前に※印がついている議員は、以前の賛同議員です。)

発言の詳細を表示します。


議員名田中英之(自由民主党)

2020年4月6日

委員会名衆議院 決算行政監視委員会第二分科会


「次は、少しやはり新型コロナウイルスに関してのこれまでの文科省の取組といいますか、省庁的なところでお伺いしたいと思います。総理の会見が二月二十八日にございました。小学校を始め、そういった学校を休校要請という形でありましたので、これはもう全校一斉という要請でもあったので、恐らく、これは役所の皆さんも大変なことだというふうに思われたでしょうし、世の中の皆さんは、驚きといいますか、どうなるんやろうという、実はそんな感じを感じられた方々がたくさんおられたのではないかと思います。そんな中で、地元にいる際に地元紙を見たときに、やはり学校給食問題のことが記事にもなっておりました。私のところではなく近隣県ではありましたけれども、教育委員会なんかが大体十三日分の食材はもう発注済みしていた、大体それが数千万円を調達する予定であった、またまた、今度は納入をされる業者さんなんかは、数字だけでいうと、ともすれば、三月、この二週間の部分でも五千万ぐらいの損失があるというような記事が載っておりました。そこで、やはり、実はいろいろと考えさせられたのは、事業者の方々に対してどんな対応をやらなければならないんだろうということ、もう一つは、食材の使い回し、フードロスをどういった形にしたら出さずに済むんだろうということをいろいろと考えさせられたところでもあります。ただ、学校給食に関しては、文部科学省と農水省、この二つの省庁が大きくかかわっていただいているというふうにお伺いいたしております。そこで、文科省、それから農水省とのかかわり方での役割、どういった連携をとってこられたかということをお伺いしたいと思います。」


→議事録全体を見る(国立国会図書館 国会会議録検索システムが別タブで開きます)

戻る