希望日本研究所とは、「希望あふれる日本」にするためには何をすべきかを常に考え、提言し、実行していく場所です。

希望日本賛同議員国会発言データベース

賛同議員の国会での各会議・委員会における発言がご覧いただけます。

(議員の所属政党は、委員会等での発言時のものとしています。

また、名前の前に※印がついている議員は、以前の賛同議員です。)

羽田雄一郎先生のご訃報に接し、衷心より哀悼の意を表します。

発言の詳細を表示します。


議員名遠藤敬(日本維新の会)

2020年12月25日

委員会名衆議院 議院運営委員会


「昨日来より、安倍先生から、政治への信頼を取り戻すためにあらゆることで努力をされていくということをきょうも昨日もお聞きをしてまいりましたが、例えば、どのようなことをすれば安倍先生並びに国会議員の政治と金の問題に終止符を打てるのか、政治への信頼を取り戻せるのかということが問われていると思うんです。ですので、私からの提案ではありますけれども、国民もたびたびと、今も問題になっておりますが、渡す側、もらう側、また、さまざま子細なこともあります。これは政治資金規正法の問題でありますけれども、国民には全く理解のできないこういった問題があり、なぜだめなのか、どうなのかもわからない。こういう抜け道をいっぱいつくって、国会議員であろうが地方議員であろうが、今まで政治と金にまつわる問題が発生してきたわけであります。ですので、私は、安倍先生に提案でありますけれども、二度の総理を経験され、先ほども申し上げたように、すばらしい実績も残されて、特に外交など、日本の存在感を大きく発揮された安倍総理にそこは敬意を表しているわけであります。今までは、こういう国会の問題で、先ほど宮本議員からもありましたけれども、おのおのの議員が政治と金の問題で辞職をしたり、議員辞職をしたり閣僚をおやめになったりということがございましたけれども、今度は、今までは安倍前総理は行政の長として、コメントは差し控えたい、また、国会でお考えを述べていただき議論をしていただきたいということで終始されてこられました。ぜひ、私からの提案は、簡潔に申し上げますと、政治資金規正法の大改革を安倍先生がリーダーシップをとってやっていただきたいと思うんです。これはなぜかというと、御自身が今こういう状況になって、私は信じたいと思うんです。本当に知らなかったんだろうな、安倍先生の性格からすると、そうなんだろうなと、僕はそのときにそう思ったんです。それは皆さんは違うと思うかもしれませんが、僕はそう思いました。しかし、こういう状況になって、行政の長として、国民に信頼を、また信用を取り戻す、国会議員のみならず、議員という立場の責務、それから信頼を回復するために、政治資金規正法の大改革を旗振り役としてまた再度国会の中でのリーダーシップをとっていただける覚悟を、またそんな思いはありますか。個々に、頑張っていきます、努力します、事務所の問題、これから管理していきます、そういう問題では安倍先生の場合はないと僕は思うんです。それをぜひここで、国民の前でお約束をしていただいて、これからの安倍先生の国会でのリーダーシップを期待する余り、私、自分の思いをそのままぶつけさせていただきました。よろしくお願いします。」


→議事録全体を見る(国立国会図書館 国会会議録検索システムが別タブで開きます)

戻る