希望日本研究所とは、「希望あふれる日本」にするためには何をすべきかを常に考え、提言し、実行していく場所です。

希望日本賛同議員国会発言データベース

賛同議員の国会での各会議・委員会における発言がご覧いただけます。

(議員の所属政党は、委員会等での発言時のものとしています。

また、名前の前に※印がついている議員は、以前の賛同議員です。)

発言の詳細を表示します。


議員名古川元久(国民民主党)

2018/11/15

委員会名衆議院 総務委員会


「今のこの仕組みで、そうやって返礼品で選ばれた、それで地域の需要が掘り起こされたというのは、この寄附がなくなった、あるいはこの制度がなくなったときに、あるいは返礼品でなくなったときに、ではそれだけの今の需要が出てくるかといったら、その保証は全くないと思いますね。逆に、普通から考えたら、今の多くの人たちの、その品物を選んでいる人とかで考えたら、その値段で買えと言われたら、別にそこで買わなくてもその辺の近所のスーパーで買うわとか、そういうことになってしまう。そうしたら、結局、例えば、これで返礼品だ、選ばれたといって設備投資をやった、しかし、返礼品から外された途端に需要がなくなって潰れちゃう。逆に地場産業を、ゆがんだ需要を生み出して、将来的なサステーナビリティー、自立できないような状況をつくってしまう、そういうおそれはありませんか、大臣。」 「でも、これはリスクもあるでしょう、今申し上げたような。返礼品じゃなくなったら需要がどんと落ちちゃうという。そういうリスクもあるという認識は大臣もお持ちですよね。」


→議事録全体を見る(国立国会図書館 国会会議録検索システムが別タブで開きます)

戻る