希望日本研究所とは、「希望あふれる日本」にするためには何をすべきかを常に考え、提言し、実行していく場所です。

希望日本賛同議員国会発言データベース

賛同議員の国会での各会議・委員会における発言がご覧いただけます。

(議員の所属政党は、委員会等での発言時のものとしています。

また、名前の前に※印がついている議員は、以前の賛同議員です。)

発言の詳細を表示します。


議員名古川康(自由民主党)

2018/5/15

委員会名衆議院 法務委員会


「私は、佐賀県知事時代、若者サポートステーションと随分かかわっておりました。佐賀県の若者サポートステーションは、アウトリーチ対応を熱心に行っておりまして、一万軒を超えるような若者の家庭に出かけていって、さまざまな声を聞かせていただいています。その代表理事の方と、今回の十八歳成人についていろいろな議論を重ねました。その中で、基本的には賛成をしておられます、賛成しながらも、こう言っておられました。自立に困難を抱える若者、特に貧困や虐待などの家庭環境に問題を抱える当事者の自立、こうしたものをどう考えていけばよいのか、また、自立に必要なトライ・アンド・エラー、失敗する自由や再チャレンジの機会が損なわれる可能性があるのではないか、こうしたことについてもしっかりと社会としてのシステムをつくっていかなくちゃいけない、対策を講じなければいけないのではないか、こうしたことの必要性を訴えられました。そこで、両参考人にお伺いしたいと思います。このような若者政策として必要だとお考えになる具体的なシステムとか場所とか、どういったことを我が国としてこれから準備しなければいけないのか、このことについて教えていただければと思います。」


→議事録全体を見る(国立国会図書館 国会会議録検索システムが別タブで開きます)

戻る