希望日本研究所とは、「希望あふれる日本」にするためには何をすべきかを常に考え、提言し、実行していく場所です。

希望日本賛同議員国会発言データベース

賛同議員の国会での各会議・委員会における発言がご覧いただけます。

(議員の所属政党は、委員会等での発言時のものとしています。

また、名前の前に※印がついている議員は、以前の賛同議員です。)

羽田雄一郎先生のご訃報に接し、衷心より哀悼の意を表します。

発言の詳細を表示します。


議員名東徹(日本維新の会)

2020年8月20日

委員会名参議院 厚生労働委員会


「今日は閉会中審査ということでありますが、前回が七月二日ということで、この間、コロナの感染状況も大きくやっぱり変わってまいりました。ですから、是非やっぱりこういった閉会中審査、やっぱりもう少し頻度を上げていかないと、いろんな課題、見えてきたことに対して我々もしっかりとやっぱり対応をしていきたいと思いますし、そしてまた、そういったことを厚生労働省の方にもやっぱりしっかりと対応をお願いしていきたいというふうに思いますので、是非閉会中審査の頻度を増やしていただきたいというふうに思います。そしてまた、特措法の改正案につきましても、我々としても今改正の検討をさせていただいておりまして、是非臨時国会を、もう本当にそのためだけの臨時国会でいいと思いますので、早急にやっぱり開催していただいて、改正に向けて努力していただきたいというふうに思います。では、ほかの委員の先生方とも重なるところはありますが、質問させていただきたいと思います。非常に経済の状況が大変深刻な状況になってきました。四月から六月のGDPの速報値が出まして、年率換算にすると二七・八%減ということであります。大変経済の厳しい状況が分かるわけでありますが、その中でも、これから雇用をやっぱり守っていくということは我々政治にとって一番大事な問題であります。雇用調整助成金についてでありますけれども、これが九月末までということになっておりまして、これいつまで、当然延長するものだというふうに思っておりますが、いつまで延長するのか、確認をさせていただきたいと思います。」


→議事録全体を見る(国立国会図書館 国会会議録検索システムが別タブで開きます)

戻る