希望日本研究所とは、「希望あふれる日本」にするためには何をすべきかを常に考え、提言し、実行していく場所です。

希望日本賛同議員国会発言データベース

賛同議員の国会での各会議・委員会における発言がご覧いただけます。

(議員の所属政党は、委員会等での発言時のものとしています。

また、名前の前に※印がついている議員は、以前の賛同議員です。)

発言の詳細を表示します。


議員名野田国義(立憲民主党)

2019年5月16日

委員会名参議院 国土交通委員会


「そこで、政府は、二〇二〇年を目途に、高速道路における自動車運転が可能となるレベル3、また、二〇二〇年までに限定地域とされる地域の安全自動運転を実用可能とするレベル4などの目標を掲げておられます。そのような中で、今回の法改正で設計、製造から使用の過程にわたり諸制度の整備が必要であると認識をしておりますが、この自動運転技術車が登場しても、依然としてしばらくの間は既存の車両が混在する自動車交通の過渡期にこれから差しかかっていくと考えられます。今回の法整備を通し、自動車交通の将来を見据えて質問させていただきますが、最初に、自動車、この自動運転車と非自動運転車の混在する状況では、自動運転のメリットとして渋滞緩和等の効果が薄く、その効果が十分に発揮されるのは全ての自動車が自動運転に移行した場合であると考えられますが、政府は今後全ての自動車を自動運転へと移行されることを目指しておられるのかどうか、お伺いをします。そして、経済的に自動運転車を購入できない方に対する支援や自動運転による効果発揮のための買換えの促進に対する支援等を考えておられるのか、そして自動、非自動の混在期における専用レーン等の検討はされているのか、また自動運転中である表示を外部に知らしめる工夫等は考えておられるのかということでお伺いをさせていただきたいと思います。よろしくお願いいたします。」


→議事録全体を見る(国立国会図書館 国会会議録検索システムが別タブで開きます)

戻る