希望日本研究所とは、「希望あふれる日本」にするためには何をすべきかを常に考え、提言し、実行していく場所です。

希望日本賛同議員国会発言データベース

賛同議員の国会での各会議・委員会における発言がご覧いただけます。

(議員の所属政党は、委員会等での発言時のものとしています。

また、名前の前に※印がついている議員は、以前の賛同議員です。)

羽田雄一郎先生のご訃報に接し、衷心より哀悼の意を表します。

発言の詳細を表示します。


議員名大野元裕(民主党)

2015/3/24

委員会名参議院 外交防衛委員会


「打って変わって、少し軟らかい話題ですが、防衛大臣にお伺いします。自衛隊病院なんです。空きベッドの利用率が低いとかそういった財務省からの指摘を受けて自衛隊病院については在り方を検討したというのが、平成二十一年、結果として、検討委員会の報告書として出されました。私、確かにその財務省の方のおっしゃることも分からないわけではないんです。しかしながら、専ら財政事情にだけ鑑みて自衛隊病院の在り方が決定されるものでは私はないと思います。例えば、周辺有事のときを含めた各種事態、こういったときに、例えばアメリカではできないことが我が国は本土においてできるわけですね。あるいは、残念ながら災害の多い我が国にとっては、大きな災害が起きたときに自衛隊病院の空きベッドというのは非常に私は頼りになるものだと思っています。そういった意味で、実はこの文書の中にも、報告書の中にも、提言の前に、各種事態の所要に基づく病床数や病院数、その配置等、これをしっかりとまず考えろと、そしてその上で改善しろと書いてあるんです。大臣、まずお伺いしたいのは、この所要、各病院やベッド数、これは私、そこについては見ていないんですけれども、ホームページ等でもないんですけれども、実際に自衛隊としてこれだけ絶対に必要だというようなのは打ち出されたんでしょうか。そうであれば、是非どこにあるのか教えていただきたいと思います。」 「しかし、大臣、ここは頑張ってほしいんですよ。これ、本当に隊員が活躍する上での、頑張る上での私は礎だと思っていますし、目立つところばかり金付けても仕方ないんです。そういったところにしっかりと手当てをいただくことが私は政治家たる大臣が是非御判断をいただくべきところだと思いますので、最後に大臣の御所見をお伺いし、長官、大変申し訳ございません、今日は横畠長官に質問できませんでしたが、私の最後の質問とさせていただきますので、お願いをいたします。」


→議事録全体を見る(国立国会図書館 国会会議録検索システムが別タブで開きます)

戻る