希望日本研究所とは、「希望あふれる日本」にするためには何をすべきかを常に考え、提言し、実行していく場所です。

希望日本賛同議員国会発言データベース

賛同議員の国会での各会議・委員会における発言がご覧いただけます。

(議員の所属政党は、委員会等での発言時のものとしています。

また、名前の前に※印がついている議員は、以前の賛同議員です。)

発言の詳細を表示します。


議員名(※)中田宏(日本維新の会(次世代の党))

2014/4/22

委員会名衆議院 総務委員会


「十九日のことでありますけれども、中国において、上海海事法院が、我が国の商船三井所有の大型船舶の差し押さえという挙に出ました。これは、実に日中関係の信頼を損ねるというふうに言わざるを得ません。一九七二年の日中共同声明の精神を踏みにじるものだというふうに言わざるを得ませんし、菅官房長官も昨日、このように声明を出していますけれども、全くもってそのとおりだというふうに思います。安倍総理が、ある意味悪口の類いで言われているような歴史の修正主義者でないということは、私は本当に心からそう思っておりますし、ぜひ、毅然と対応すべく、そうしたこれからの日中関係についても私は心から期待をしているわけであります。オバマ大統領も、あす来日をします。そういう中においてこういう挙に出る中国に対して、我が国は、いわば中国という国がある意味では特異な国だ、こういう特殊な国だということを、アメリカのオバマ大統領ともぜひ胸襟を開いて話して、そして今後の日米関係を深める。また、中国に対して、そうした対応を日米でとっていく。また、世界としても、そういう特異な国であるということをわかってもらう必要があると思いますが、これについて、まず、これだけお聞きをしておきたいと思います。」 「この件に関してはもう最後にしますけれども、ぜひ、オバマ大統領とも、こうした中国のやり方、また中国の価値観、そのおかしさということについては日米間で共有した認識を持てるように首脳会談に臨んでもらいたいというふうに思いますが、その点、いかがでしょうか。」


→議事録全体を見る(国立国会図書館 国会会議録検索システムが別タブで開きます)

戻る