希望日本研究所とは、「希望あふれる日本」にするためには何をすべきかを常に考え、提言し、実行していく場所です。

希望日本賛同議員国会発言データベース

賛同議員の国会での各会議・委員会における発言がご覧いただけます。

(議員の所属政党は、委員会等での発言時のものとしています。

また、名前の前に※印がついている議員は、以前の賛同議員です。)

羽田雄一郎先生のご訃報に接し、衷心より哀悼の意を表します。

発言の詳細を表示します。


議員名大野敬太郎(自由民主党)

2021年2月25日

委員会名衆議院 予算委員会第四分科会


「債券発行の取組、これも非常に重要なポイントだと思いますが、一方で、同じ債券発行、機関債を発行して成り立っている計画であるところの大学ファンドも非常に重要な取組だなと思っております。これは先ほど大臣からもお話がございましたけれども。この大学ファンドについて次にお伺いさせていただきたいと思いますが、これはポイントは二つ。一つは対象をどこにするのという話と、もう一つは資金運用をどうするの。ここが二つ重立ったポイントだと思いますが、どちらも、いずれにせよ、マーケットとの対話というのが非常に重要になってくるのだと思います。そういった観点で、一つ、例えば、どこを対象にするのかという観点では、先ほどの大学ガバナンスコード、これも是非参考にいただきたい。これは、逆に言えば、ガバナンスコードの活性化にもつながりますので、そうしたら、ほかの手段というのも活性化していく可能性がある。それは債券の部分も活性化していく部分もある、そう思っております。また、資金調達の部分、資金運用の部分について、これはもうまさに専門家がやっていただく領域でありますけれども、ただ一方で、所管省庁としても、あるいは関係するセクションとしても、サステーナブルファイナンス自体に非常に敏感になっていないといけない。例えば、TCFDの動きとか、あるいはESG市場の動きとか、しっかりとここは敏感になっていただきたいと思っておりますけれども、ここの基本的な認識を伺えればと思います。」


→議事録全体を見る(国立国会図書館 国会会議録検索システムが別タブで開きます)

戻る