希望日本研究所とは、「希望あふれる日本」にするためには何をすべきかを常に考え、提言し、実行していく場所です。

希望日本賛同議員国会発言データベース

賛同議員の国会での各会議・委員会における発言がご覧いただけます。

(議員の所属政党は、委員会等での発言時のものとしています。

また、名前の前に※印がついている議員は、以前の賛同議員です。)

発言の詳細を表示します。


議員名古賀友一郎(自由民主党)

2014/11/5

委員会名参議院 本会議


「次に、実際に土砂災害の危険が迫っている場合の対応について伺います。土砂災害は昼夜を問わず発生します。今回の広島市の災害でも、土砂災害警戒情報の発表が午前一時十五分、避難勧告の発令は午前四時台でした。実際に土砂災害の危険が迫っているとしても、特に深夜、未明に住民に周知するのは困難であり、大雨の中、深夜に避難させるのはかえって危険でもあります。したがって、住民を安全に避難させるには、早期に危険を予測して土砂災害警戒情報を発表し、可能な限り深夜、未明の時間帯を避けて避難勧告等を発令する必要があります。また、以前から、大雨の際には防災行政無線の声が雨の音で聞こえないといった問題も指摘されている中、住民への周知の方法についても改善を図っていく必要があると考えます。そこで、土砂災害の危険の早期予測の取組について国土交通大臣にお伺いをするとともに、土砂災害警戒情報や避難勧告等の住民への周知方法の改善について国土交通大臣及び山谷防災担当大臣に伺います。」


→議事録全体を見る(国立国会図書館 国会会議録検索システムが別タブで開きます)

戻る