希望日本研究所とは、「希望あふれる日本」にするためには何をすべきかを常に考え、提言し、実行していく場所です。

希望日本賛同議員国会発言データベース

賛同議員の国会での各会議・委員会における発言がご覧いただけます。

(議員の所属政党は、委員会等での発言時のものとしています。

また、名前の前に※印がついている議員は、以前の賛同議員です。)

発言の詳細を表示します。


議員名(※)中田宏(日本維新の会)

2014/5/14

委員会名衆議院 文部科学委員会


「まず、今回の法改正においては、大津におけるいじめ事件そして自殺事件、この件が発端になっていることは、これはここにいらっしゃる委員の皆さんは皆おわかりだと思います。大臣もそのことを認めておられます。そういう意味においては、いじめ事件、自殺事件、これを振り返りたいと思いますけれども、あのいじめ自殺事件というのは、いわば学校や教育委員会の対応が遅いということもありますが、それ以上に問題なのは教育委員会の隠蔽体質だ、このことが最大の問題だというふうに思います。この点について、教育委員会がいかに隠蔽をしていたのかということについて、まず、越市長に、御自身の意見をつけ加えてお伺いをしたいというふうに思います。」 「今国会においてこの議論が始まるときに、何度も私は予算委員会等でも、総理に、また文部科学大臣の下村さんにも確認をしたように、この法改正で一番重要なのは、責任者をはっきりさせることですよ。責任者をはっきりさせることですよ。人物をはっきりさせることですよ。これは、今政府案で、人物、責任者がはっきりしていると越市長は思われますか。」 「それでも、制度というものは、もしもという場合にどうするのかを議論するのが、これは私たち国会議員の役割であり、ましてや、最終的な責任者はだれなのかということをはっきりしないままの唯一の行政として、これから先もこの地方教育行政を残すということは、これは禍根を残しますよ。そう思いませんか。このことを私たちは何度も言ってきたわけでありまして、では、いざ教育長と首長が意見が分かれた場合、どうするんですか。あるいは、首長の暴走を言う人は山ほどいるし、そういう政党もあるけれども、教育長の暴走は誰が抑えるんですか。首長は選挙なんです。ばかなことができると思いますか。首長を経験した人、どうですか。教育長の暴走は誰が抑えるんですか。やりたい放題の暴走、サボタージュの暴走、隠蔽の暴走、これは誰が抑えるんですか。三年間絶対かえられない、こんな状態でいいと思いますか。こういうことを私たちは言っているわけであって、こういう野党の意見に対して真摯に耳を傾けるべきだと私は思います。越市長、罷免できないということで、市長は今後も責任を問われることになりますが、この件、いかが思われますか。」


→議事録全体を見る(国立国会図書館 国会会議録検索システムが別タブで開きます)

戻る