希望日本研究所とは、「希望あふれる日本」にするためには何をすべきかを常に考え、提言し、実行していく場所です。

希望日本賛同議員国会発言データベース

賛同議員の国会での各会議・委員会における発言がご覧いただけます。

(議員の所属政党は、委員会等での発言時のものとしています。

また、名前の前に※印がついている議員は、以前の賛同議員です。)

発言の詳細を表示します。


議員名大沼みずほ(自由民主党)

2014/11/5

委員会名参議院 政府開発援助等に関する特別委員会


「最後に、JICAに一点お尋ねいたします。我々、モロッコでは、産科病棟、また女性の就労支援センターというものを見てまいりました。産科病棟ができたおかげで死産率が三分の一に減って大変感謝されました。一方で、小児科との連携はまだまだ不十分で、私の娘も低血糖で生まれ、すぐに保育器に入ってブドウ糖を注入して、今はもう元気にすくすく育っておりますけれども、国連ミレニアム開発目標報告二〇一三におきましても、過去二十年にわたり五歳未満の子供の死亡率は年率二・五%減少してきたのに対し、生後一か月の新生児の死亡率は一・八%の減少で、その速度はかなり遅いものであります。その結果、世界全体の五歳児未満の死亡者に占める新生児の割合は、一九九〇年の約三六%から二〇一一年には四三%へと上昇しております。母子手帳など、妊娠初期からの活動というのは大変諸外国で感謝されている一方、出産時に係る支援、また生後一か月、家庭訪問等も含めてでございますけれども、その産まれたところの支援と、そして生後一か月、二か月のこの支援というのが全世界的に見てもまだまだ不十分であると。こういったところに、まさに人間の安全保障という理念の下、また女性、子供を救うという視点の下で、なお一層の支援、訪問、お母さん方の、産まれたときのケアというのは助産師さん、大変良くしてくださっているんですが、その後の訪問ケアでありますとか小児科との連携といった問題について、JICAのお考えをお聞かせいただければと思います。」


→議事録全体を見る(国立国会図書館 国会会議録検索システムが別タブで開きます)

戻る