希望日本研究所とは、「希望あふれる日本」にするためには何をすべきかを常に考え、提言し、実行していく場所です。

希望日本賛同議員国会発言データベース

賛同議員の国会での各会議・委員会における発言がご覧いただけます。

(議員の所属政党は、委員会等での発言時のものとしています。

また、名前の前に※印がついている議員は、以前の賛同議員です。)

発言の詳細を表示します。


議員名朝日健太郎(自由民主党)

2020年3月19日

委員会名参議院 政府開発援助等に関する特別委員会


「ありがとうございます。今回の二〇二〇年東京大会に関連して、外務省を中心と、またスポーツ庁と連携をして、スポーツ・フォー・トゥモロープログラムという形で、二〇一三年からですかね、七年間にわたって、スポーツを通じた国際協力、目標が百か国、一千万人の方々に日本からスポーツを提供する、そうしたプログラムがありますけれども、まさに、今言ったような形で、南スーダンのような事例のようなものも引き続きやっていただきたいなと。ただ、一つ懸念が、このスポーツ・フォー・トゥモローは二〇二〇年度まで、今年度までの時限的なプログラムだというふうに確認をいたしました。今後のこのスポーツと開発の展開を考えていくときに、まあこれ日本からそういったスポーツを輸出するような部分が多かったかと思うんですけれども、今後は、海外のそうした、例えばですけど、アフリカの陸上選手が日本で活躍するとかですね、実際、海外の選手が日本のスポーツ市場で活躍する姿こそが、やはり更に日本への理解とか、そうした、アスリートを通じた相互理解を深める大きなきっかけになるのではないのかなと。例えばですけれども、八村塁君がバスケットプロリーグ、アメリカに行ったり、サッカー選手がイタリアのセリエAに行くことによって、やはり、そうした母国の選手が活躍する姿、結果的にそうした相手先国への理解につながっていくのではないかというふうに私は思っていますけれども、今後のこのスポーツの取組について確認をさせていただければと思います。」


→議事録全体を見る(国立国会図書館 国会会議録検索システムが別タブで開きます)

戻る