希望日本研究所とは、「希望あふれる日本」にするためには何をすべきかを常に考え、提言し、実行していく場所です。

希望日本賛同議員国会発言データベース

賛同議員の国会での各会議・委員会における発言がご覧いただけます。

(議員の所属政党は、委員会等での発言時のものとしています。

また、名前の前に※印がついている議員は、以前の賛同議員です。)

発言の詳細を表示します。


議員名小林史明(自由民主党)

2019年5月20日

委員会名決算行政監視 委員会


「その上で、ちょっと質問が入れかわっちゃうかもしれませんが、先ほど人事局からの答弁で、働き方改革について触れていただきました。これはまたちょっと大臣にお伺いをしたいと思いますが、これは意見というかお願いですけれども、これは総務省で、先ほど褒めていただきましたが、働き方改革、全省庁でやろうということで、政務官会議で提案をさせていただいて、各省で取り組んでいただいています。各省で働き方改革チームというのが立ち上がっていまして、いろいろ、全政務官のところをそのとき回ったんですけれども、うまくいっているところというのは大体政務がコミットしているんですね。大体、うまくいかずに進まなくなっている、やる気がなくなっちゃっているところというのは、役所だけで、役所メンバーだけでやっていて、なかなか意思決定がされないという状態になっています。そういう意味では、やはり全省庁の政務がちゃんとこの働き方改革にコミットして、現場発の業務改革を支援してあげる必要があると私は思います。そういう意味で、それを改めて、ぜひ行革担当大臣から各省に指示をしていただきたいと思います。加えて、省庁横断でやらなければ解決できない問題というのもあります。例えば、先ほどの調達の話もそうなんですけれども、ちょっと後で具体的な話を取り上げますが、こういったものについては、やはり、省庁横断チームというのを今内閣人事局の下で取り組まれていますけれども、ここについては大臣が時々顔を出してあげて、やれるものは、もうそれでやっていいよとその場で一言言うだけで物すごく変わりますから、それだけでモチベーションも変わりますので、ぜひ、そこは現場を大事にする宮腰大臣だからこそコミットをお願いしたいと思いますが、いかがですか。」


→議事録全体を見る(国立国会図書館 国会会議録検索システムが別タブで開きます)

戻る