希望日本研究所とは、「希望あふれる日本」にするためには何をすべきかを常に考え、提言し、実行していく場所です。

希望日本賛同議員国会発言データベース

賛同議員の国会での各会議・委員会における発言がご覧いただけます。

(議員の所属政党は、委員会等での発言時のものとしています。

また、名前の前に※印がついている議員は、以前の賛同議員です。)

発言の詳細を表示します。


議員名下村博文(自民党)

2019年3月13日

委員会名衆議院 文部科学委員会


「受験生といいますか、子供の視点から見たら、本来の語学としての四技能をきちっとマスターさせることによって、より成果、効果の上がる学習をさせるということは当然のことであって、今までの経緯から、それぞれの大学の判断というのは、国立大学においては、その時代の変化に合わせて、そして、いろいろなクリアすべき条件があるのであればそれは国がきちっと整備しながら、全ての国立大学で民間四技能の資格検定試験が受けられる、あるいは受ける、そういうことについてはしっかりと指導していただきたいというふうに思います。それから、あわせて、先ほどの、無償化に漸進的に取り組むということを進めながら、一方で、例えばこういうことを導入することによって、より経済的な負担が高まるわけですね。一つ一つは大した額ではないと言っても、受験生から見たら、この新たな受検料というのは相当高額で、回数も含めて、格差が更に生じる。家庭の経済状況によっては、経済的な理由でなかなか受けにくい、親に遠慮して、そういう受験生も出てくるかもしれません。そういう意味では、この民間の英語の資格検定試験の活用については、経済的な配慮を十二分にする制度設計が必要だと思いますが、これについての取組をお聞きしたいと思います。」


→議事録全体を見る(国立国会図書館 国会会議録検索システムが別タブで開きます)

戻る